専門治療

オラソケラトロジー

特殊な構造のハードコンタクトレンズを就寝時に装着して角膜の形状を変化させ、それにより日中は裸眼で近視を治して見えるようにする方法です。
近視が完全に治るのではなく、「角膜を一時的に変形させて近視を軽くする」治療です。レーシックのように角膜を削らないので、治療を止めれば角膜は元通りになります。合わない場合は止めることができます。

近視の完全矯正を目指すのではなく、希望する見え方と角膜・近視の状態から治療を進めます。目の状態によってどの程度の禁止を治せるかの範囲は大きく異なります。眼の状態によってどの程度の近視を治せるのか範囲は大きく異なります。

裸眼生活を希望する方のための治療です。レンズケアを毎日行い、夜間装着になれる必要があります。定期検診を受けられない場合は治療を行えません。夜間のぼやけ、にじみが起きることもあります。